2007年01月19日

テーマは和

テーマは和1

テーマはいつだって和なんです。
言い切ります。


僕たちは日本という国で、日本という気候風土のなかで住宅を提案しているわけで、それ以外の何者でもない。

和風は永遠のテーマであり、
いつだって最大のテーマであり続ける。
それを忘れない事。

あふれる情報に流されて国籍不明の住宅を造る事だけは避けましょうね皆さん。

明治大正の洋館建築をモチーフにして、
日本の気候風土のなかで洋館を作り続けたボーリズから学んで創られた雨楽シリーズ「メルズ」テーマは和2






見学会のアンケートを読むと、きちんと和を感じてくれた人たちが多くいらっしゃった事嬉しく思いました。

10年ほど前に、菊池建設で「漆喰の家」を商品開発したときに思い描いていた 日本の洋館のイメージがこうして雨楽シリーズのなかで熟成されつつある。

日本の住文化を考える雨楽シリーズの家造りは深く広く可能性を感じます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/50504257
この記事へのコメント
We are a group of volunteers and starting a new scheme in our community. Your website provided us with valuable info to work on. You’ve done an impressive job and our whole community will be thankful to you.
Posted by Amelia at 2014年06月26日 03:54