2008年02月02日

雨中有楽 東屋 茅葺 雨楽会の仕事

東屋1
熱海のMOA美術館の日本庭園の東屋。
雨楽会の親分河西さんの手によって曳きやが終わって、足元の工事が進んでいる。


屋根の茅がだいぶ傷んでいるので葺き替えます。
茅葺の親方と打ち合わせに行った。

東屋2東屋3





若い庭師さんたちの動きが好いんですよ。
気持ちがいい、すがすがしい。

柱石の据付、差石、飛び石、縁石、たたき。
そして、東屋を囲む土留めの石積み。

どれをとっても、普段はお目にかかれない仕事です。

こういうことを、残していく事が大事なんだよなと河西さんが言う。

残そうという施主と、残そうとする職人達。それを必死で学ぼうとする若者達。
そしてそれを大切に見守る世間の目。

どれもどれも大切です。

じきに茅の葺き替えも始まります。
熱海には茅葺の職人がちゃんといるのです。
年寄りばかりですがね。
熱海の茅葺屋根は、高山のとはちょっと違うよ。
洗練されていてオシャレです。

又お知らせします。

良かったら、見学においで下さい。
雨楽会の親分河西さんにも会えますよ。
雨楽の粋と美意識を直に見ることが出来ます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/50863414