2008年04月24日

雨中有楽 そんなの関係ねえってか

航空自衛隊のイラク派遣違憲判決は、きわめてまっとうな話で、
憲法に正面から向き合えば、当然というような判決で、多くの人が胸をなでおろしたことだろう。

しかしですよ。
航空幕僚長が、「そんなの関係ねえ」って。
そんなこと言っていいのかよ。

現場の自衛官の多くが、そう思っているかもしれないが、
それをそのまま幕僚長が言ってはいけないよ。

政府もそのまま、無視を決め込むような態度で、
これはちょっと大問題だよ。

この国は、法治国家だよ。
高裁の、違憲判決はきわめて重いよ。
それをどうだよ。この軽い扱い。

この国には、軍事は、政治よりも重いというような遺伝子が残っているのかな。
昭和の前段この国を破滅に導いた、軍人のおごり、統帥権の乱用の残像みたいなものをちょっと感じて怖いね。

こんなにも、法が軽んじらていていいのかね。


どっかのホテルの件もそうだよ。
東京高裁の言う事なんか、「そんなの関係ねえ」って態度で通しちゃったもんな。

裁判所の権威ってもんはこんなにも軽いのかねえ。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/50942503
この記事へのコメント
I’m so happy to read this. This is the kind of details that needs to be given and not the random misinformation that’s at the other blogs. Appreciate your sharing this greatest doc.
Posted by Camila at 2014年04月07日 00:10