2008年06月02日

雨中有楽 余部(あまりべ)鉄橋

鉄橋1往って来ました。余部鉄橋。
今、静岡県由比町の一部の人たちの間で話題の中心の鉄橋です。

事務所のN君の出身地にある事。
「へんくつおやじの菓子屋」の親父が、若い頃列車で渡ったことがあるということ。
ペンキ屋の中野の親父さんが、ペンキを塗りに行ったことがあるということ。

とにかく、へんくつおやじの菓子屋の開店祝いの席で、余部鉄橋の話で盛り上がり、
私も、なんとしても見てみたいと思っていたのでした。

鉄橋2これはね、はっとしましたわ。
海岸沿いの深い谷に渡された、天空を行く一本の橋。

きれいですよ。
余計なものはひとつもない。

ぴんと張り詰めた構造美。
鉄骨の構造物を追求していた駆け出しの頃を思い出します。

鉄橋3
明治45年に開通したそうです。
橋脚はアメリカの会社で作って船で運んだそうだ。


余部は30戸くらいの漁村で、はしけに積み替えて砂浜に陸揚げしたんだって。
機械のないころの事、大変な作業だったんでしょうね。

橋桁は、石川島造船所で造ったそうだ。
今のIHIだね。

とにかく難工事だったんでしょう。
丸太の足場を、空中高く組んだんだろうな。
目に浮かぶね。

鉄橋4次は、この橋を列車に乗って渡ってみたいね。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/50970475
この記事へのコメント
5
我が故郷紹介有難うございました!!

余部鉄橋、綺麗でしょ?。先生が足を伸ばされたとは知りませんでした。

でも現在架け替え工事の真っ只中です、残念です。

建設時は弊社の先代も工事に携わっていたようでして・・・。

では、また、おいで下さいね。

AN
Posted by エヌズプラン at 2008年06月02日 21:23
行ってきたんですよ。
あわびの養殖場にも寄りましたよ。
猟師さんが、その場でイカを手でさばいて海水で洗って食べさせてくれました。
いやあ、美味。
Posted by wakayama at 2008年06月03日 08:15