2010年01月24日

雨中有楽 小沢さん対検察

時事放談。

昔テレビで、時事放談をジジイたちがしゃっべているなんて思ったが、いつしか自分も時事放談するような年になっていました。

前にも書いたけれど、政権交替することに意義も意味もあったんで、それ以上のことは期待するほうが間違っているのです。

民主党も自民党も名前だけ見てもどっちがどっちだか区別がつかない。だってどっちも同じだもん。だってメンバーが入れ替わっているだけじゃん。
体質は同じだってこと。

だから今回の一連の騒動も、あって当然で、マスコミなんかが例によって大騒ぎをして、大きな期待をされた政権交代がこんなことになって、ますます国民は政治に失望するなんてことを深刻な顔をして言っているが、もともと国民はそんなにバカじゃないよ。

熱狂されて支持される政権なんて、うさんくさいし、かえって恐ろしい。
民主党政権、小沢一郎さんの、政治権力を一手に握ってしまおうとするかのような、一連の動きはこれで少し歯止めがかかることになるだろう。

自由民主党的政治には何種類かあって、時に政権が交代して、政治権力と官僚、財界などとの癒着が時々解消されてきれいになっていく。

権力は腐敗する。だから時々政治権力がきれいに入れ替わることが必要で、今のところ政権交代にはそれ以上の意味はないように思われる。

昔、羽仁五郎が言っていた。とりあえず、権力は腐敗するんだから、いやしているんだから社会党に票を入れるんだ。とりあえず、政治権力を交代させなければいけないんだ、と言っていたことはこういうことだったんです。

アメリカへの追随も沖縄の基地の問題も、そんなに変りようはないだから、自民から民主になったからといってあんまり過度の期待はしないほうがいいんです。
もともと中身はそんなに変わらないんだからね。

でも官僚って恐ろしいね。
先の天皇の侍従長の行動も、今回の検察の動きも、政権に対する権力闘争だよね。
何とか民主党政権に痛手を与えて、自らの権益を守ろうとしているかのように見える。

官僚たちの権益ってのはそれほど根深いものらしい。
だから時々政権交代する必要があるんだね。

もっとも、ちょっと自民党政権が長すぎてその権益が強くなりすぎてしまったということのようです。反発は強く根深い。

時事放談でした。
時には政治の話もするんですよ僕も。建築バカですが。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51403273
この記事へのコメント
2
民主も自民も体質は同じ、過度な期待は禁物。
しかし、我々は何を期待している、いや期待していたんでしょうか?
多分自分自身の『欲』の実現を期待しているんでしょうね。

政権交代しただけでもメッケもの。 …と私も思っております。

とにもかくにも朝令暮改の首相が妙に人間臭くて、情けない。
まるで自分を映す鏡のようで愛おしく思えてしまうのはどうなんでしょうね?全く。
Posted by エヌズプラン 晃 at 2010年01月25日 10:25
Hello! This post couldn’t be written any better! Reading through this post reminds me of my previous room mate! He always kept chatting about this. I will forward this post to him. Pretty sure he will have a good read. Thank you for sharing!
Posted by Aaliyah at 2014年02月21日 13:04