2010年05月31日

雨中有楽 街道筋の家

一階





木工事が進んでいます。

構造を見学に来られる方も多くいらっしゃいます。

理にかなった整然とした加構美に、皆さん溜息をついておられます。

木造の加構美を生かした家を建てることこそが、日本の木造の家を守る道だと、私は断言します。

それは、ほかのどの工法も真似のできない事だからです。

二階





適度な高さと適度な低さが、品良く組み合わさっている二階の梁組。

ボルトの差し方も、配線の方法もすべて考慮に入れて組まれている梁。

洗練され磨かれた構造表わしの家がここにあります。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51479373