2011年07月30日

雨中有楽

焚火





最近の我が家のブームそれはたき火。
映画のシーンでデッキでたき火をしている場面を見て、これはいいと思った。

それで、アウトドアの店に焚火台を探しに行ったらあった。

ステンレス製の組み立て式
さっそく買って使ってみている。
なかなかいい。

家族にも、ときどきバーべキュウを共にする身内にも友人にもすこぶる好評。
汚れないし、準備も片付けもじつに簡単。

一息ついて眺める炎のゆらめきの、人の心に与える影響は大きい。

思えば人が人として存在し始めたころから、
おそらく数万年にわたって、
人はこの炎のゆらめきを見つめて生きてきたに違いない。

火とともに人の歴史が、進化があった。

では、人の生活の場から火が消えて、人はどう変わっていくのだろう。

IHの普及は人の体にも、そして精神面にも何らかの影響を与えるのかもしれない。

たき火の炎のゆらめきを眺めながら、いろいろな事を考える。

どうして火は、うちの子供たちの心をこんなにもハイにしてしまうのだろうか、とか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51740044