2011年09月14日

中国成都

蠟型






成都で見つけた、蠟型鋳金の置物。

かなりの熟練の手技だとわかる。

作家でなく職人の技。

誰の作か、何年前の物か全くわからない。

でも、いい物だということは判る。

紀元前の青銅器文明が近くに埋もれているこの地で、

つながりがあるかないかはわからないけど、

こういうものに出くわすと楽しい。

成都露天






何年か前の大地震で相当の被害が出たこの街の、

通りに面した所だけはきれいに復興していた。

観光目的に再現された古い街並みは、伝統的な素材を使っていい感じに造られていた。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51755289