2011年10月03日

雨中有楽 宝生能楽堂にて

能





能楽師辰巳満次郎氏の今年のテーマは「鬼」

能の鬼が鬼を演じる。


紅葉狩という能を、私は初めて見たのだけれど、

一般に親しまれているようで、実はなかなか観る機会のない演目なのかもしれない。


華やかなんです。

女人が何人も出てきて、衣装にお金がかかっていそうなんです。


でもね。こんなにも、激しく猛々しいものであるとは、驚きでした。


静かに粛々と進んでいた舞台で、

突然恐ろしい鬼の舞がはじまったその瞬間、

ひやりとした衝撃が能楽堂の隅々に走った。

冷たい空気が背筋に流れたような気がした。


稀代の能楽師辰巳満次郎、氏の動向には目が離せない。


寝屋川市香里能楽堂でも紅葉狩りを演じられるようなので、できたらもう一度観たいと思いますね。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51761479