2012年09月14日

上海バンスキングと鑑真のわたった海 雨中有楽的思考

バンス2バンス3











上海バンスキングには、深作欣二が監督した映画もあって、

松坂恵子、風間杜夫、平田満の、蒲田行進曲チームが、楽しくも悲しく演じている。

宇崎竜童がバクマツで、志保美悦子が中国人のリリー役です。

ドンパチやるよりブンチャカやろうよってキャッチコピーが入っている。


オンシアター自由劇場が造った映画とはまた違った面白さがあります。

ちょっと生々しい場面もあって、

中国人の友人には事前によく話しておかないと見せられないような気もする。

が、自由に純粋に生きようとしていた人々を描くことによって、

国家とか国境とかを越えての、人間賛歌のメッセージは強く伝わってくる。




それにしても、TVやラジオではナショナリズムをあおる発言ばかりが目立つ。

こういう発言をしないと、国益に反するなんてことで、バッシングされかねないという空気が、

マスコミにも政界にも流れているようだ。


案の定、中国からは、明の時代にさかのぼっての話がきこえてくるし、

日清戦争の話も出てくる。

日本が植民地支配しようとしていた時代以前はどうだったと、韓国も言っている。

国境線がひかれたのはつい100年くらい前の話なんだから。


沖縄だって、琉球王朝は、中国と日本と両方に朝貢していた。

それを、江戸時代に島津が兵を送って支配してしまった。

だから沖縄だって今に、独立したい、独立自冶区にしてくれなんてことだって言って来るかもしれない。


東アジアで、西洋列強の進出に対し、素早く対応できたのは日本だけだった。


だからね、この件はいくら話しても平行線なんですよ。

お互い話し合って国境線を決めた訳じゃあないんだから。

たまたまその時の力関係によって決まったんです。


鑑真は6度目の渡航でやっと日本にたどり着いた。

そのときすでに目が見えなくなってしまっていた。

鑑真が命をかけてわたってきた海を、互いの国がとりあうような愚は避けようよ。

鑑真がいくども遭難して、漂流した海を、利害関係で争ってはばちが当たるよ。

唐招提寺を、みんなあらためて観に行った方がいいね。あの美しいお寺を。

争うより仲良くできる道を探れと、きっと鑑真は言うよ。


お互い一歩も半歩も引けないなんて言っていないで、

お互い半歩づつ引けば、互いの国に利する道がきっとあるはずだよ。

戦略的互恵関係なんて言葉はかるがるしく使うくせに、本当の互恵を考えるべきだよ。


日本も中国もお互い、人類的英知を持ちよって、もっと高い次元での話し合いをするべきだね。

こんなことを言うと、国益を損ねるというバッシングを受けるかもしれないが、

マスコミからも政治家からも、こういう話が出て来ない事が、ちょっと恐ろしくもある。


上海バンスキングも、唐招提寺も鑑真も、大きな視野でこの問題を考える、

きわめて現代的な視点だと僕は思っているのです。


宇宙から地球を見ると、国境なんてものは見えない。

地球上で誰のものでもない土地は南極大陸だけだけれど、

南極を争い奪い合うことをしなかったことは、人類にとって救いだね。

その当時、氷の大陸には何の利益も見いだせなかっただけなんでしょうが。


地球はもともと、誰のものでもないよね。







この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51847360
この記事へのコメント
Aw, this was a very nice post. In thought I want to write like this ? taking time and actual effort to make an excellent article is very rare…
Posted by Samantha at 2014年02月22日 14:53