2012年11月18日

雨中有楽 文化遺産

石彫












再びカンボジアに行く機会があり、行ってきました。

前回は15年前に行って、ポルポトの負の遺産と歴史的な偉大な遺産と両方廻った。

今回は負の遺産にはあえて触れることなく、

純粋に石の偉大な遺産だけを見てまわった。

おどり







指先の先の先まで神経を行き届かせておどるクメールの舞の面白さが、

私もやっとわかるようになったのかもしれない。

お酒を飲むのも忘れて見入った。飲んだけど。

バイク







こんな風景があちこちで見られて、

道路の状況は場所によりだいぶ良くなったけれど、15年前とそんなに変わらない。

援助を受けての国の立て直しは、なかなかはかどらないようだ。

日本人のボランテァも多数この国には入っている。


ボランテァに頼る人たちと、ボランテァに人生をかける人たちの生きざまが、

ちらりと見える。


誇り高いクメールの偉大な文明を作ったこの国の復興は、

まだまだ時間がかかりそうだ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51858925