2013年01月15日

雨楽

雨楽






書家であり、私の設計した家の住人であり、生け花の同好の士でもある、

清水みの江さんの書が国立新美術館、独立書展に出品されている。

「雨楽」という文字。

シビレます。

研鑽の人生を生きる者たちのことば、「雨楽」。

「雨楽」それは生きざま。

「雨楽」それはあこがれ。

「雨楽」それはおそれ。

「雨楽」それは果てのない世界。







この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51867977