2013年07月08日

雨中有楽 清掃

浜の清掃







昨日は蒲原海岸での住民参加の清掃活動がありまして、

私たちも参加してきました。

ペットボトル、空き缶、ビニール、スチロールなど

およそ文明が造りだした便利な物たちの始末は困るね。

安価に出来て、腐らずに、いつまでも残るものたち。

でもこうして、人間の手で清掃できるものだからまだ救いはある。


福島の人たちを苦しめている放射能はこうはいかない。

目に見えない、文明が造りだした手に負えない究極のごみ。


国民総出できれいになるんだったら、みんなで行くのにね。

人類が汚してしまった環境に、住まざるを得ない人達が、

こうして地球上にどんどん増えていくんだろうね。


どんどんいっぱいになるごみ袋を引きずりながら、

なんだか気持は晴れない熱い日曜の朝でした。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51895873