2014年06月05日

雨中有楽 男の生け花

はらん








はらんを生けた。

細くまとまった足元から、大きな葉が幾重にも合わさって大きな花が生けあがる。

外国人がミラクルと言うのもわかる気がする。

そしてこの葉っぱを見事な生け花に形作ってきた生け花と言うものに改めて恐れ入る。

とくに宏道流の格花は美しい。

先人が磨きあげてきた美を幾度も幾度もなぞることによって伝えられてきた美意識。

確固たる美意識の下地があって初めてひらく自由な花があることを、最近特に意識する。

花を生け、数寄屋をなぞり、現代の住宅にその美意識を生かしていきたいという思うのです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/51941513