2016年03月12日

選び抜かれた特別な木 雨中有楽

材料













選び抜かれた特別な木の家

長年木材を集め続けた。

一人の木材に魅せられた男が、長年集め続けた木材が倉庫に眠っている。
娘さん夫婦が家を建てる時に男は、俺が集めた木材をふんだんに使えと言った。

娘さん夫婦は大工でなく設計事務所に依頼して家を建てたいとあちこち当たってみたが上手くいかず、最後に私の事務所に来た。
とにかく、お父さんと木材の話が出来る人でないと家づくりが進まない。

私は男に会いに行った。
そして、専用の倉庫に集められた木材の山を見、その良材を生かし、ふんだんに使った家造りを請け負った。

それから10年。
ある日娘さんから電話がかかってきた。
お父さんが倒れた。

その後も木材は増え続け、いまだに倉庫は木材で埋まっている。
お父さんの集めた木材を、何とか使ってほしいと娘さんは言った。

男の集めた木材はそのすべてが半端ではない。
私は、その半端ではない良材を生かした家を、木のわかる人たちに届けましょう、お父さんのために、と娘さんと約束した。

選び抜かれた特別な木で家を建てましょう。
数寄屋建築、茶室、民家、社寺、、、、
よく乾燥した良材が、市場では求めることのできない価格でふんだんに使えます。

材料2







5寸角の丈三柱が山と積まれている。

すべて檜。

無節。
材料3







板材などもたくさん在庫してます。

良材をふんだんに使えます。

O邸






10年前に建てた娘さんの家の玄関の土間の吹き抜け。


数寄屋、茶室、趣味の邸宅。

人生の集大成のような家をお考えの方。

この機会に御相談ください。

材料無くなり次第終了です。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/urac1/52022698