2018年03月06日

雨中有楽 たつのの町家 土間のある家

20170106-00120170106-004








たつのの町家。

土間のある家。


土間は玄関であり、応接の場でもある。

子供の遊び場でもあり、昔は家の人の夜なべ仕事の場でもあった。

自転車置き場であり、バイクをメンテナンスする場所であり、

一服しながらお茶でも飲み談笑の場所でもある。

酒屋なら角打ちの場所かな。

いずれにしても多様な生活スタイルに対応できるマルチな空間。

これをもったいないと言ってほしくない。

イメージを膨らませて自由に使ってください。

マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所
Facebookはこちら





  

Posted by urac1 at 14:07Comments(3)clip!

2018年01月25日

雨中有楽

IMG_2688







葉っぱのつまらない雨樋です。

IMG_2696







お寺の裏山からの落ち葉対策にこの樋を使います。

普通の雨樋に網をかぶせたりして対応しているのをよく見ますが、

網の上に落ち葉が積もり、やっぱり定期的な点検が必要です。

この樋ならもう心配ありません。

一度設置すればもう大丈夫。優れものです。

ちなみに、雪の積もる屋根にも効果的。

雪のおもみで雨樋が壊れることもありません。

するりと落ちていきます。すぐれものです。

雨の道をデザインするタニタの製品です。

マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所
Facebookはこちら

  
Posted by urac1 at 10:50Comments(3)clip!

2017年09月20日

雨中有楽 下地窓 数寄屋

P1000987






蒲原のK様邸
下地窓。
P1000976P1000978










漆喰の薄い壁に組み込んだので
左官屋さんが苦労していました。



洗面所に細い磨き丸太を立て、
下地窓と組み合わせる。

ちょっとおしゃれな組み合わせ。


詳しくはマイベストプロをみてください。
マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所

建築ナビ(株)若山建築事務所

Facebookはこちら







  
Posted by urac1 at 16:30Comments(3)clip!

2017年07月21日

鐘楼の修理 

P1000695






林香寺の鐘楼の修理が完了しました。

お盆前にきれいに出来上がりました。
P1000697P1000698

マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所

建築ナビ(株)若山建築事務所

Facebookはこちら
  
Posted by urac1 at 21:04Comments(0)clip!

2017年07月14日

鐘楼の修理 コンクリート爆裂

P1000682








林香寺の鐘楼の修理ほぼ完了です。

足場を撤去しています。
P1000683P1000684P1000685









きれいになりました。

コンクリートは50年から60年で剥離が始まります。

今後公共のコンクリート製の構造物の劣化との追いかけっこが始まります。

すでに始まっていますね。

マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所

建築ナビ(株)若山建築事務所

Facebookはこちら
  
Posted by urac1 at 20:19Comments(0)clip!

2017年06月28日

鐘楼の補修 コンクリート爆裂

P1000596P1000595








鉄筋コンクリート製鐘楼の改修工事にかかりました。
P1000630P1000631








鉄筋がさびてコンクリートが割れてはがれてきているので、
それをはつりおとす。

こつこつやってください。

マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所

建築ナビ(株)若山建築事務所

Facebookはこちら  
Posted by urac1 at 09:40Comments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月21日

雨中有楽 知性を感じる 中清水の家

P1000348P1000350









御殿場中清水の家。

新緑の中にすっきりとした外観が映えます。

ひけらかさない知性を感じる。

インテリ好みの家ですね。

家は人を表す。

マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所

建築ナビ(株)若山建築事務所

Facebookはこちら  
Posted by urac1 at 00:32Comments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月27日

竹の格子

竹竹格子








竹の格子の交換をこれからします。

軒下にあればほとんど交換の必要はないんですが。

新しい竹に交換すれば新鮮で気持ち良いでしょうね。

マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所

建築ナビ(株)若山建築事務所

Facebookはこちら  
Posted by urac1 at 09:36Comments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月21日

雨中有楽 トップライト 和瓦

瓦1





いぶし瓦のトップライト。

特製です。

これも清水瓦。

瓦2瓦3マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所

建築ナビ(株)若山建築事務所

Facebookはこちら









こういう瓦を造っていたこと自体が驚きです。

トップライトの需要がいかに多かったか知ることができます。  
Posted by urac1 at 15:28Comments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月13日

雨中有楽 瓦ぶき

P1000291P1000295









美しいいぶしの瓦が丁寧に並べられています。

産地は三州。

耐寒性能の高い瓦です。

マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所

建築ナビ(株)若山建築事務所

Facebookはこちら
  
Posted by urac1 at 15:26Comments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月04日

小さなヒノキの椅子 

小さな椅子







保育園の子供たちが使う国産のヒノキで造られたかわいい椅子。

国産ヒノキだから拍子抜けするくらい軽いと評判です。

以前おつかいの物は無垢の木だったけれど国産ではなかったんですね。

国産のスギやヒノキは軽くて強い。そして美しい。

小さな椅子2







新しい年度になり子供たちに使われるのを待っている椅子。

静岡の健康家具の久和屋が制作しました。

マイベストプロ静岡 (株)若山建築事務所

建築ナビ(株)若山建築事務所

Facebookはこちら
  
Posted by urac1 at 13:24Comments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月03日

平屋の大きな屋根

Posted by urac1 at 22:20Comments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月27日

梁組

太鼓梁









木造軸組の構造をデザインして見せる。
構造は美しい。  
Posted by urac1 at 23:03Comments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月18日

平屋 80年前の主屋

P1040097







80年まえの堂々ととした母屋の並びに、

これまた堂々とした平屋の家が建ちます。

平成の大きなかわらぶきの家。着工しました。  
Posted by urac1 at 21:32Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年11月02日

古いまちやの再生

上がりかまち








兵庫県龍野で民家再生中。

  
Posted by urac1 at 09:39Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月26日

二人ですむ家 木の家小住宅

外観










二人で暮らすために建てられた家

二人のそれぞれの生活を大切にしたいという意思が思いやりとともにとてもよく伝わってきました。
庇鎖











かわいらしい外観は工事中から注目されていたようで、

案内会にはたくさんの皆さんにおいでいただきました。

手摺










アプローチはスロープで。

手摺もつけて。  
Posted by urac1 at 14:00Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月27日

深い軒と板壁

軒











135センチもの深い軒です。

玄関先で雨に濡れないことがどれほど便利なことか。

住んでみれば分かります。

壁板










15ミリの板厚の壁です。

無垢板をふんだんに使っています。

押入れ








2階の押入れの中を見てください。

杉の無垢板を貼って仕上げます。  
Posted by urac1 at 11:44Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月16日

雨中有楽 玄関の庇

軒











由比H様邸の玄関庇。

4尺5寸もあります。

天秤で持ち出してあります。

掛け込み天井











垂木がそのまま玄関土間の天井に表わしになっています。

掛け込み天井です。  
Posted by urac1 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月11日

雨中有楽 深い軒

雨中有楽 深い軒










由比H様邸の玄関の深い軒。

日本の住まいの必須アイテムですね。

これが有るか無いかで暮らしが変わるくらい大切です。

  
Posted by urac1 at 09:10Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月05日


門の中のガレージの向こう側に開く中庭。

やり残した工事が完成してS邸の全貌が整った。

庭










街道筋の家のひとつのモデルになる作品です。

いずれご案内できる機会が来ると思います。
住田邸庭  
Posted by urac1 at 06:13Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月04日

雨中有楽 庭

笠井邸庭










井筒のある庭。

家の改築に伴い裏庭を造りました。

住んだ水をたたえる井筒。

湧きでる清水。

水は鏡のように裏の桜を映す。
庭











河西さんの隙のない造形。

日本的な美意識。  
Posted by urac1 at 21:07Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月15日

京の瓦屋さん

瓦屋











瓦屋さんの前。

鬼がわらのコレクション。

鬼がわら  
Posted by urac1 at 11:56Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月10日

裏庭の粋 織部の陶板

織部







K様邸の庭に織部の陶板が入る。

どのように使われるかは作庭家の河西力さんの頭の中。

裏庭の桜を生かした作庭が進んでいます。
さくら  
Posted by urac1 at 10:58Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月04日

玉石の石積み

玉石








玉石の石積み。

これは皆さんの奉仕で積まれたのではないかと思う。

丹念さが伝わってくるのです。  
Posted by urac1 at 08:44Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月26日

地鎮祭

地祭り








雨が気になる中無事地鎮祭おこなうことが出来ました。

雨男ではない事を証明できたか。やっと。

解体







それでさっそく工事にかかったのでした。



こじゃれた小住宅が出来上がります。  
Posted by urac1 at 09:32Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月23日

石積み

石積み







石積みやってますね

コツコツカンカン音がするんです

石を削って、欠いてすり合わせをする音が聞こえてきます

K邸桜














桜の木が映えますよ

庭の外の桜ですが

河西庭園の洒落た庭が出来ます。  
Posted by urac1 at 14:37Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月18日

雨中有楽 下見板 地持院

下見板














地持院位牌堂下見板塗装が終わりました。

キシラデ







完成です。  
Posted by urac1 at 08:43Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月15日

雨中有楽 羽目板 地持院

羽目板













はり終りました。

節がない分源平だってことなんですね。

羽目板2







キシラデコールエボニーで塗装して完成ということになります。  
Posted by urac1 at 06:30Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月14日

雨中有楽 地持院 下見板

下見板













地持院位牌堂の下見板。

下見板2








下見板だってリャンコに貼る。

職人の心意気てえもんです。  
Posted by urac1 at 06:13Comments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月12日

選び抜かれた特別な木 雨中有楽

材料













選び抜かれた特別な木の家

長年木材を集め続けた。

一人の木材に魅せられた男が、長年集め続けた木材が倉庫に眠っている。
娘さん夫婦が家を建てる時に男は、俺が集めた木材をふんだんに使えと言った。

娘さん夫婦は大工でなく設計事務所に依頼して家を建てたいとあちこち当たってみたが上手くいかず、最後に私の事務所に来た。
とにかく、お父さんと木材の話が出来る人でないと家づくりが進まない。

私は男に会いに行った。
そして、専用の倉庫に集められた木材の山を見、その良材を生かし、ふんだんに使った家造りを請け負った。

それから10年。
ある日娘さんから電話がかかってきた。
お父さんが倒れた。

その後も木材は増え続け、いまだに倉庫は木材で埋まっている。
お父さんの集めた木材を、何とか使ってほしいと娘さんは言った。

男の集めた木材はそのすべてが半端ではない。
私は、その半端ではない良材を生かした家を、木のわかる人たちに届けましょう、お父さんのために、と娘さんと約束した。

選び抜かれた特別な木で家を建てましょう。
数寄屋建築、茶室、民家、社寺、、、、
よく乾燥した良材が、市場では求めることのできない価格でふんだんに使えます。

材料2







5寸角の丈三柱が山と積まれている。

すべて檜。

無節。
材料3







板材などもたくさん在庫してます。

良材をふんだんに使えます。

O邸






10年前に建てた娘さんの家の玄関の土間の吹き抜け。


数寄屋、茶室、趣味の邸宅。

人生の集大成のような家をお考えの方。

この機会に御相談ください。

材料無くなり次第終了です。  
Posted by urac1 at 14:57Comments(0)TrackBack(0)clip!